ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ
2012年05月07日
こどもちゃれんじに毎号1冊ついてくる「キッズワーク」。こどもちゃれんじすてっぷ(年中さん用)から、ついてます。

キッズワーク1.jpg

1年目はお試し付録かと思うほど薄くて
すぐに終わってしまう程度の内容だったのですが、
今年度になると突然分厚くなりました。
内容もかなり濃厚です。

ワークは裏と表が別々の問題になっていて、
12枚ついてくるので全部で24のワークがついていることになります。

年長さん5月号のキッズワーク内容は、
ひらがな・カタカナ・数字の書き順、
時計の読み・数の分解(足し算引き算の基礎)など。

正直、全然進んでないです・・・

おうちのかた向け情報誌を見てたら
「やりたがらない子もキッズワークをばっちり活用!できる技」という見出しの内容が。

キッズワーク2.jpg

1.問題文を読んでも何をしていいかわからない

2.白いますに文字を書くのが面倒

3.内容が難しい

とつまずきシーンについての対処方法が書いてありました。ふむふむ。

でも、違う。
うちの子は与えれば楽しそうに問題を解いてるんです。
つまずいてはいない。

ならば原因はなんだ!と考えると

「ワークを解く機会・時間を親が与えていない」
これだと思うんです。
そう、私が原因。

幼稚園生の勉強とかって親がうまく時間を作って与えてあげないと
自分からすることってなかなか無いです。

たとえば、幼稚園から帰ってご飯ができあがるまでの時間に
テレビやゲームをしている時、
「このワークを1枚終わったらテレビ見ようね」みたいな感じで
進めていかねば!と思っています。

この習慣をつけていく事がきっと小学生になってからの勉強を
スムーズにするコツだと思うのです。
posted by moe at 05:00 | こどもちゃれんじ じゃんぷ
2012年05月02日
4月号で届いた、かきじゅんマスターをパワーアップさせるアイテム、「ぼうけんのかぎ」が届きました。

ぼうけんのかぎ.jpg

最初これだけ見ると、なんだろう?って思ったのですが、
書き順マスターの上の部分に差し込むと、
新しい冒険ゲームが2つ使えるようになりました。

「かずモード」は音が何回鳴るか?というゲームと、
ちょうどとめようゲームで問題の数字とぴったり合うタイミングで
決定ボタンを押すゲームがありました。

「きくモード」は、3つのゲームで
・いきものをさがそうゲーム
・ひとをさがそうゲーム
・たからばこをさがそうゲーム
があって、出てくるヒントを聞いて正解の絵を選ぶゲームでした。

6月号では、さらにパワーアップさせる「カタカナカバー」が届くそうです。

こどもちゃれんじ・じゃんぷの前期は、
書き順マスターがパワーアップしていくアイテムが毎月届くようになってます。

それと、じゃんぷでは
キッズワークの量がすごく増えました。

次回キッズワークについて書きたいと思います。
posted by moe at 04:58 | こどもちゃれんじ じゃんぷ
最近の記事
ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。